FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の電車男。
雨の中、エルメスをずっと待ち続けていた電車は

倒れて病院に運ばれた。

心配して電車をまつ住人たち

『終電ないけど電車を待つー』<住人
電車


翌日会社を休んでお見舞いに来たエルメス。

エルメスのことを好きな桜井も病院にくる。

電車はまだ眠っていた。

エルメスが花瓶に花を生けに行ったすきに桜井は電車を起こし

『はじめまして桜井です。さおりの婚約者と言ったほうがいいかな。
彼女のことはすっきりあきらめろ』

と一方的にウソを言う。

そして桜井はエルメスにも

『もうかおも見たくない。一人でいさせてほしいってさ。』

とウソを行って二人で病院を去った。


電車は夢を見ていた。

(ナース姿の陣釜さんに萌えw)
電車


ダースベーダーのテーマとともに現れた陣釜さん。
電車
(これは無理やりいれた設定っぽかったなw)

電車に仕事のことで相談があって病院を訪れた。

すると派遣会社の人が病院に現れ、

電車のベッドにかくれもぐりこむ陣釜さん。

『硬直してんじゃね~よ!!』<陣釜さん

『すいませ~~ん。。』<電車
電車


エルメスは会社の同僚に経緯を話した。すると

『自分からウソを許せるように克服してかないとダメなんじゃない?』と言われ、考える。

退院した電車。意を決してエルメスに連絡をする。

しかし、桜井がエルメスの携帯に電車からは着信拒否する設定を勝手にしていたため、連絡がとれない。

エルメスの自宅に電話をかけてみるとお母さんが出た。

エルメスは留守だった。

『伝言は?』<お母さん

『ぼくをきらいになったわけを教えてくださいとお伝えくだい・・・』<電車

『はぁ?そういうのは伝言しないんじゃない?
あなた、もしかしてさおりにウソつかなかった?
あの子はウソにすっごく敏感なの。
それがトラウマになって男の人が信じられなくなっちゃったの』<お母さん

『そうだったんですか・・・・』<電車

おたくがばれたのが嫌われた原因ではないとわかった電車。

そして脱ヲタした部屋を見て電車は違和感を感じていた。

『ありのままの自分を見せたい。彼女にウソはつけません!!』<電車

『おたくをカミングアウトします!!』<電車
電車

『そんな電車がだいすきだーーーーー!!』<住人

『どんな結果になろうとも胸をはって帰って来い!』<住人

エルメスはお母さんに

『ウソをつかない男なんていないの。
自分のことをほんとに思ってくれる人がつくウソだったら許してもいいんじゃないかな』

と言われ、また考える。

エルメスに連絡がつかない電車はエルメスの弟に頼んで

『どうしても伝えたいことがある』と伝言してもらう。

電車の家を突然訪れるエルメス。

あわてる電車。

『私に伝えたいことがあるって』<エルメス

『どうぞ・・・』<電車

おたく部屋&おたくの格好を見せる電車。


エルメスにカミングアウトした。

『人と話すより一人でゲームやアニメを見るのが好きで、
そのせいでまわりからはおたくと呼ばれるようになって。
でもゲームもアニメもやめられなくて。でもぼくはこういう人間なんです。
僕はおたくなんです。ださいとかきもいとか思われてもしょうがないと思ってます。
だけど僕にはこういう生き方しかできなくて。
青山さんにうそをつきたくなくて。だから僕はすごく恥ずかしいんですけど
ありのままの僕を見て欲しかったんです。
こんな僕でよかったら仲直りしてください』<泣きながら話す電車
電車


『山田さん、ずるいですよ。私がさきに言おうとしたことを先に言っちゃうんですもの。
ステキな部屋じゃないですか。個性的で。私は好きですよ。』<エルメス

『私と仲直りしてもらえますか』<エルメス
電車

なきくずれる電車
電車


『キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!!!』 『グッジョブ!!』

喜ぶ住人たち

今日のAAはこれ
電車


誕生日プレゼントにミーナのフィギュアをあげた電車。
電車

『とってもかわいいです。さっそくお部屋に飾っちゃいました。』<エルメス

仲直りができた電車とエルメス。

今後はどうなっちゃうの?

がんばれ~!電車男!!!

【画】(マニア)萌え評論家 本田透さん
【画】(萌)ミーナ
【画】(萌)伊藤みさきのメイドコスプレ
【情報元:秒刊ファイルナビゲーターさま】
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

copyright © 2005 ☆VIP画像宝庫☆~別館~ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。